ミニマリズム

思っていた以上にバッグを持っていたので整理します

アクセスして頂いた皆様へ

ブログ内全てのページにおいてアフィリエイトプラグラムによる広告収益を得ています。

皆様お疲れ様です。AZUです。

上の画像は私の持っているバッグをかき集めてみたのですが、思っていた以上の数だったので整理していきます。

ミニマリズム的に考えれば大小1つずつあれば良いのでしょうが、そこまで厳選する域には達していないので、まずは必要なものを用途に分け、その選考から外れたものは処分するという形にしていきます。

 

必要なバッグ

IKETEI レザーショルダーバッグ

10年ほど前にプレゼントで頂いたものなのです。

当時は「オッサン臭いな…」ということで使うことは殆どなかったのですが、40代の私は立派なおっさんになったのでこうしたバッグも恐ろしく似合うようになりました。

ここ数年は完全にメインのバッグとなり、出かける時はほぼこれを手にとっています。

若い頃はあまり物を持たなくても大丈夫だったのですが、歳を取るとどうしても持ち物が増えてしまうので、このサイズ感は非常に便利だったりします。

 

ビジネスレザーファクトリー ビジネスバックパック

名前の通りレザー製品を取り扱っている日本のメーカのビジネスリュックです。

生産はバングラデシュということで「マザーハウス」と同じなのですが、価格はこちらの方がかなり安いです。

一時期レザーのリュックがものすごく欲しくて予算内で探した結果、これを見つけて買いました。

レザーの質感については価格相応ですが、もう少し使い込んだら良くなりそうです。

見た目はシンプルでどんな服装でも合わせやすく収納ポケットが少ない分、容量はそれなりにあるので色々入ります。

取っ手が側面にしか付いていないのと、ストラップの内側のメッシュがザラザラし過ぎでどうにも使い心地が微妙だったのですが、最近はようやくこなれてきました。

最近は持ち物の量でIKETEIのショルダーかこちらかを選んで使っています。

→商品の詳細についてはこちらから(公式サイト)

 

デルセー A4 ELEMENT NAVIGATOR 2C BACKPACK

デルセーはスーツケースで有名なメーカーですが、普通のバッグなども手掛けていたりします。

大きさは大体コールマンのウォーカー33あたりと似たような感じですが、こちらはPCポケットやモバイルバッテリー用の端子が付いていたりなのでシティユースな感じです。

価格はウォーカー33の約2倍ほど、その代わりに全体的なクオリティは高く、収納性、機能面、背負い心地ともに良好です。

そして何より、持っている人を見かけたことは今のところ無いのが素晴らしいです。これくらいの容量だとやはりコールマンやノースフェイスの方がポピュラーなので。

荷物が少し多くなる時や2泊3日ほどの旅行、温泉施設などに行く際に使っています。

 

POTER

若い頃はプライベートでバッグを持つというのが好きじゃなかったのですが、それでも必要な時のために出来るだけ軽いものをということで買ったものです。

メイン収納とフロントポケットのみで本当にペラペラのナイロンですが、流石はポーターということで恐ろしいまでに丈夫です。

丈夫すぎるので買ってから20年ほどの現在も少し見た目がくたびれた程度で機能面は全く問題ありません。

現在はエコバッグ代わりに使っているので、折りたたんでデルセーのリュックに突っ込んだままです。

 

コールマン ウォーカー33

2018年頃に普段使い用として買ったのですが、流石に33リットルという容量は大き過ぎました。

あと、あまりにポピュラーなシリーズなので都心に行くと恐ろしいまでに行き交う皆様方とお揃いになってしまうということもあり、短期間で使わなくなりました。

現在は防災バッグとして部屋の片隅で、出来れば出番がないことを祈りつつ私を見守ってくれています。

アウトドアに特化しているので、軽くて背負い心地も快適、機能面に関しては価格以上です。

持ち物が多い人は普段遣いでも良さそうです。

不要なバッグ

ビクトリノックス コンパクトラップトップ

正式名称は「アルトモントプロフェッショナル コンパクトラップトップ」非常に長いのですが、名前の通りオーガナイザーポケット、メイン収納、PC収納がそれぞれ分かれているビジネスマン向けの機能的なバックパックです。

スタイリッシュなルックスとガジェットポーチ要らずな収納の充実さに関しては非常に良かったのですが、その分収納容量が見た目よりかなり少ないというデメリットがあります。

PCを入れるとメイン収納は書類を入れる程度しか余裕が無くなるし、オーガナイザーポケットも色々と入れてしまうとボコボコして見た目的に良くありません。

水筒は小さめ、弁当箱は仕事道具を入れてしまうと縦型のものでも相当厳しいです。

若い頃と違って必要な持ち物が増えてしまったのと、私のライフスタイルとは合わなくなったので、残念ではありますが手放そうかなと思います。

ビクトリノックス Lifestyle Accessory デラックスベルトバッグ

2021年当時、アマゾンにて4,000円ほどのセール価格で購入。

ワンマイルや旅行時のサブバッグに少しの間使っていたのですが、見た目よりも収納性が低いだけではなくポケットも使いにくい。

小さな財布、家の鍵、スマホ、モバイルバッテリー、ケーブル1本ほどでパンパンです。

あと、埃がつきやすい素材なので使う前にはコロコロが必須です。

機能性が売りのメーカーとは思えないほどに使いにくかったです。

こうしたバッグほど、きちんと選ばないといけないという反省をさせてくれた点については感謝しています。

 

POTER タンカー ショルダーバッグ

若い頃に海外旅行時の貴重品入れとして買ったもので、その後は普段使いになったものです。

これも20年ほど前のものですが、特に問題なく使えます。ポーターの頑丈さは本当に恐ろしいですね。

最近はこのサイズ感の使い道が無くなってしまったので、身内に譲ることにしました。

ちなみに、現在でも手に入るみたいです。

→詳細はこちらからどうぞ(吉田カバン公式オンラインショップ)

 

コールマン クロスボディ

2018年頃にワンマイル用で買ったものですが、縦型というのは収納容量をきちんと使うのが難しいですね。

ものを入れると当然ですが下の方に溜まって、上の部分は完全にデッドスペースになってしまいます。

やっぱりこうしたバッグは横型の方が使いやすいという学びを得ることが出来ました。

使わなくなって数年経つので手放します。

 

終わりに

全体としては5つ残したのですが、1つは防災リュック、1つはエコバッグ的なものなので、実際に使うのは3つということになります。

ミニマリズム的に考えるともっと減らせるのでしょうが、これくらいであれば十分管理できる数なので、今後もしばらくはこれくらいをキープしていきたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

 

「OFUSE」からの投げ銭をお受けしております。

100円からご支援いただけます。よろしくお願い致します。

from hideoutを応援する

-ミニマリズム
-,